介護リフォームに無限の努力を注ぐ株式会社ブレーン・コーポレーションです。

 
 

介護リフォーム

体の機能が劣えたお年寄りや、体に障がいをもつ人にとって、家のなかのちょっとした段差がケガの原因になったり、
辛い階段の昇り降りが行動範囲を狭くします。そこで、これらを解消し、
安全に快適に動けるよう段差をなくし、手すりを設けるのがバリアフリーリフォームです。
このバリアフリーに加え、浴室やトイレに自力で行けるよう、また介助される方の負担が軽減できるように、
寝室に隣接させることや、補助となる手すりを設置すること、
また廊下・出入り口に充分なスペースを確保することなどが基本的な介護リフォームになります。

段差をなくし手すりを設置すること。この二つは介護リフォームの基本中の基本です。
手すりを設置することで、転倒事故が防げるだけではなく、外出することにも億劫さがなくなり、
日常生活を健康的なものにし、笑顔が取り戻せます。

手すりの効果的な設置箇所とは?

 
屋内や屋外において「長い距離を歩く箇所」「急傾斜のある箇所」「立ち座りする箇所」「滑りやすい箇所」などに
手すりを設置することで家庭内での事故が低減します。


 

 

 

 

 

 

 

扉は「開き戸」から「引き戸」へのリフォームに!! 車椅子を使用することになった場合も対応できます。
間口を広く取りたい場合はアコーディオンカーテンにしておけば開閉もラクです!!

健常者にとってはなんでもない小さな段差も、高齢者にとっては危険がいっぱい!!
段差とは文字通り高低差ですが、高低差とは呼べないような小さな凹凸も障害になる場合があります。
家の中から徹底的に段差をなくすことで事故を防ぐ介護リフォームには欠かせない条件です。

段差解消できる所とは?

 
段差は家中探すとたくさんあります。転倒事故をなくすには家中の段差をゼロにすることが大切です。


 

 

 

 

 

 

足腰が弱ると、体の平衡がとりづらくなり、ちょっと滑るだけで大事故になってしまう場合があります。
また、連続する床に使用されている床材の素材違いが「滑る」原因になることも。
床材の変更することで「滑る」ことからくる高齢者の事故をなくしましょう。

どこをどの様に変更できるのか?

 
木の特色を活かし、適材適所に合った床材に変更することをお勧めします。